いぼのことをもっと知ろう!増やさないための工夫とは?

サイトメニュー

いぼの治療方法

医者と看護師

いぼの治療

いぼの治療方法はいくつかあります。それは主に「冷凍凝固」「切除」「薬治療」「レーザー治療」です。冷凍凝固は、いぼを液体窒素で除去する方法です。1度の治療で完治するのは難しく何度か行う必要がありますから、根気強さが必要になります。液体窒素の治療は、いぼの細胞を破壊して治療していく方法です。やり方を耳にすると「大丈夫なの?」と思ってしまいそうですが、とても安全性の高い治療方法です。ごく稀に感染症を起こす方もいますので、気なる方は医師としっかり相談しておきましょう。多少痛みがあるので、痛みに弱い方は注意が必要です。次に切除での治療は、レーザーや液体窒素治療で効果のないいぼに行います。なかなか改善しないいぼをメスを使って除去します。麻酔を使う治療方法なので、手術に不安が残る方はしっかりと医師に相談することが大切です。治療は1度で終わるものがほとんどですし、再発は少ないですが傷跡が残りやすい方法でもあるので残したくない場合は、レーザー治療と併用して行うようにお願いしましょう。ただ、保険適用の治療と適用しない治療を同時には受けることはできません。なので、治療の前にクリニック側といぼの治療方法を話し合っておきましょう。薬治療は、内服薬を使って内側から治す方法です。ヨクイニンといういぼに効くハトムギに含まれている成分を服用して、体の免疫力を高めていぼができにくい体にしてくれます。市販のヨクイニンよりもクリニックで処方されるヨクイニンの方が効果が高いですから、確実にいぼの再発を防ぎたいという方は、医師に処方してもらいましょう。内服薬を使った治療は、痛みや麻酔による体へのストレスがありません。なので続けやすい方法ではありますが、1日に決まった時間に決まった回数の量を服用する必要があります。ですが老人性いぼにしか効果がないので、受診の際に医師の判断が必要になります。冷凍凝固や切除、薬治療は保険が適用されるので嬉しいですよね。保険を使っていぼを治療したいという方は、この3つの方法で試してみてください。
他にも、レーザー治療がありますがこれは保険適用しません。ですが1回の治療費は高くはなく、リーズナブルな値段で受けられます。レーザー治療の良いところは、ウイルス性ではないいぼには液体窒素や切除で取り除けないいぼも、根こそぎ除去してくれます。更に再発のリスクも少ないということです。また、レーザーでピンポイントで除去してくれるので必要以上に肌に負担をかけることはありません。また、痛みも少なくすみますし、治療時間も最短で5分で完了します。また、治療後の患部の治りも早いのですから、ダウンタイムも短くて済みます。レーザー治療は、美容外科クリニックで行うことができますし、いぼだけではなくあざやほくろも除去してくれます。なのでいぼの他にも気になる箇所があれば一緒に受けてみてはいかがですか?

Copyright© 2019 いぼのことをもっと知ろう!増やさないための工夫とは? All Rights Reserved.